個別教室のマナベスト
お電話でのお問い合わせ0120-077-055
  1. ホーム
  2. マナベストブログ

マナベストブログ


中学英語の教科書の読み方

2021/02/23
今回は『中学英語』の教科書の読み方に関してです。
教科書と一口に言っても色々な種類があるのですが、
ここでは自分がよく知っているSun Shine(開隆堂)と
NEW HORIZON(東京書籍)に当てはまる話になると思います。
(他の出版社の教科書でも当てはまる部分があると思います)


さて本題です。
Sun Shine NEW HORIZON ともに各プログラムごとに
新しく学んでほしい英語の表現が出てきます。
まずはそれをしっかり意識しましょう。
『このページで学ぶべき表現はなんなのか』
を最初に頭に入れるようにしてください。

問題はそれがどこに書いてあるかですね。

Sun Shine であれば教科書を開いて左のページの左上。
例文である会話文が書いてある部分の少し右側に
日本語がちまっと書いてあると思います。
その部分をしっかりと読んで何が書いてあるのかを
理解しましょう。

NEW HORIZON であれば各プログラムの本文下に
例文が書いてあると思います。
その欄外に日本語がちょこっと書いてあるかと思います。
そこが皆さんが学ぶべきポイントになります。


さて学ぶべきポイントがわかったところで、
その次です。
各教科書各プログラムには英語だけの、
いわゆる本文と呼ばれる部分があると思います。
この本文中で今学ぶべき内容は、
どこに、どのように、出てきているかを
チェックしましょう。
実際の英語の中で、学ぶべきポイントが
しっかり理解できれば、そのプログラムは
だいたい理解したといっていいでしょう。

ここで「だいたい」といったのは、
もう一つ、絶対にやってほしいことがあるからです。
言わずもがなですが、『単語』です。
こちらはちょっと勘違いしている人が多いので
しっかりお話ししますね。
この単語を勉強するとき、『新出語句』だけやっている人
が多いのではないでしょうか?

このやり方はあまりお勧めできません。
単語を勉強する際は、本文中の語句をしっかりみてください。
新出語句以外にもわからない単語がある場合には
それもちゃんと覚えるようにしましょう。

前に習った事でも忘れていれば覚えなおしておかないと
完全に忘れてしまいます。
何度も覚えて忘れてを繰り返して、記憶は定着するので
頑張って繰り返すようにしましょう。