個別教室のマナベスト
お電話でのお問い合わせ0120-077-055
  1. ホーム
  2. マナベストブログ

マナベストブログ


ワークの進め方

2020/09/28
教室長の中村です。

2学期の中間テストの時期になりました。

早い学校ではすでに試験が始まっていると思います。

定期テストの勉強は、学校のワークを中心に行っている人も多いと思います。

学校のワークを中心に勉強することは決して間違っていません。

しかし、ワークを解いたのに点数を取れないという話はよく耳にします。

それはもしかしたらワークの進め方が間違っているのかもしれません。

ワークを正しく進めるポイントは、

①まとめて丸付けしない
②正しく繰り返す

とりあえずはこの2つです。

①まとめて丸付けしない

丸付けを最後にまとめてやっているという人は意外と多いと思います。

ただ、これではテストで点数を取るための勉強にはなっていません。

むしろ点数が下がってしまうこともあります。

一番怖いのは、間違った解き方を繰り返し練習してしまっている可能性があるということです。

なるべくこまめに丸付けをしましょう。

②正しく繰り返す

1度解いただけですべてを理解して暗記できる人はそうそういません。

しっかり頭に入れるには繰り返しが必要になります。

解き方を覚えることができたら、なぜこのような解き方なのか?ということも考えるようにしてみましょう。

丸付けをした直後にもう一回解いて終了。というケースもよく見受けられます。

記憶を定着させる場合には、少し時間をおいてから解きなおしをしてみましょう。

他にもポイントはありますが、まずはこの二つに注意してテスト勉強を頑張ってみてください。