個別教室のマナベスト
お電話でのお問い合わせ0120-077-055
  1. ホーム
  2. マナベストブログ

マナベストブログ


問題演習の時に気を付けることパート1

2020/09/16
教室長の中川です。
宿題やテストの課題などではワークや問題集がよく出されると思います。

このような課題が出されるのは、問題演習をすることで
知識や技術を身につけるためです。
この問題演習のやり方一つで、実力が身につくかつかないかが決まります。

そんな問題演習をするときに気を付けてほしいことがいくつかあります。
ここではまず第一に気を付けてほしいことについてです。


といっても難しいことは何一つありません。
まず絶対にやってほしいことは、問題を解いたら、
「すぐに・自分で・答え合わせをする」
以上です。

答え合わせを後でまとめてやったり、人にやってもらったりと、
実はこれができていない人が多いのではないでしょうか。

問題演習をして勉強の内容が身につくのは
問題を解いた時ではなく
答え合わせをし、間違った解答を直した時です。

つまり問題を解いただけでは効果は半減どころか4分の1ぐらいなのです。
自分の間違いに気付いた時こそ『学習』しているのです。
なので自分で答え合わせをする必要があるわけです。

また、自分でどのように考えて解答したかを覚えていないと意味がないですよね。
自分で書いたことを覚えているうちに答え合わせをする必要があるんです。
ですからすぐに答え合わせをしちゃいましょう。

提出しないと怒られてしまう宿題や課題。
一生懸命手を動かしてやっても身につかなかったら悲しいですよね。

どうせやらなければいけない事ならば自分にとって意味があることにする、
そして、どのようにしたら実りあるものになるかを考えるのも大切だと思います。